CROR

コンテンツスライダー(jquery.bxslider.js)

コンテンツスライダーを実装する際は、仕様書や問題がない限り、
99%で、bxSlider を使用しております。

メリットとしては、同一ベージに複数入れることもでき、
レスポンシブにも対応など、大体の要望を組み込めるという点だと思います。

あとは実装が容易という点でしょうか。

実装は、配布元のサイトからjQueryプラグインをダウンロードします。
http://bxslider.com/
これをHTMLに読込み。

大枠にクラスを付けます。
子要素は、li でも div でも何でもOK。

実行処理を書くと、これだけで動くと思います。

CSSファイルもあると思いますが、私は、下記のみをCSSに追記して、ダウンロードしたものは使っておりません。

 useCSS の設定

trueの時に PCサイトでスライドする度にテキストの太さが変わる。
再現する確立は、稀。
値を false にすることで、直る。

値をfalseにすると、Android(Nexus)で、動きがカクカクする。
こちらは、逆に trueにすることで滑らかになる。

onSlideAfter の設定

初期Autoで、自動実行している際、Pager や Controls をクリックすると止まってしまいますが、Callbacksを設定することで、再実行することが可能です。

 

コメントを残す

Return Top