CROR

PCサイト・スマートフォンサイトの相互切替をlocalstorageで実装する

レスポンシブやRewriteEngineなどを使用していない、
静的な個別スマートフォンサイトを制作した際に、
PC/SPデバイス毎で、相互切り替えを実装します。

例えば、PCサイトのアドレスが、
http://example.com/
SPサイトのアドレスが、/sp/ となっている場合です。
http://example.com/sp/

ページ遷移した時や2回目のアクセスの対応として、
localstorageを使用したフラグ判定をしております。

相互にページがない場合などで、切り替えを行いたくない時は、
スクリプトを読み込みしなければ、ページ遷移することはありません。

PCページへ読み込むスクリプト

スマホページへ読み込むスクリプト

コメントを残す

Return Top